第2集 古代連 ~花托から果托へ、遺伝子伝承の美~

第2集を発刊するにあたって
2003年7月に初の個展をパリにて行い、そのテーマであった‘古代蓮’の反響に自分でも驚きました。自分の写真仲間だけでなく、多くの知らない人達から連絡があり、どんどん蓮の世界にはまっていきました。
私は蓮の写真だけを撮影しているのではありません。しかし、まだまだたくさんの発表したい蓮の作品があり、しかも個展の影響で2003年の夏から私の感性 が変化?(進化?)して新作を大量に生み出しています。ただ残念なことに全部を一度には紹介できないので、今回は私が以前から蓮に非常に興味を持った部分 に焦点を絞りました。共感していただける方が増えれば幸いです。

続きを読む

第1集 古代連 ~-咲き誇る古代の華~

1968年3月4日大阪に生まれる。
学生時代からカメラ片手に世界中を旅し、数年前から本格的に写真の勉強を始めました。
尊敬できる師と信頼できる仲間に出会い、最近では日本から世界各地まで世界遺産および自然風景を‘体感’する撮影活動を行っています。
日本でもほぼ毎年東京で仲間たちと共同展などを行い、古代蓮の個展はパリにて行うこととなりこの写真集を作成しました。
そのきっかけは、自宅近くに咲いている‘古代蓮’を知り訪れた時、15年前にパリのオランジュリー美術館で見た、光の変化を追及したモネの睡蓮が脳裏に蘇ったからです。
撮影を行いながらぜひこの作品をパリで皆に見てもらいたい、そう強く願い、今回その想いを遂げられることとなりました。
続きを読む